市販の制汗剤とネット通販の制汗剤は何が違うのか?

制汗剤を買おうと思ったときに近所の薬局やドラッグストアに売っている制汗剤を購入する人もいれば、ネット通販などで販売されている制汗剤を購入する人もいると思います。

市販の制汗剤には安いものが多く、ネット通販のものには比較的高いものが多いです。

同じ制汗剤だけど何が違うのか、効果はどうなのかと気になる方も多いと思いますので市販の制汗剤とネット通販のみで買える制汗剤の違いについて解説します。

市販の制汗剤と通販の制汗剤の違い

市販と通販の最も大きな違いとしては「価格」、そして「品質」にあります。

価格の違い

薬局やドラッグストアで販売されている市販の制汗剤は「別の何かの購入を目的としたお客さんのついで買い」も視野に入れて価格設定されていることもあり価格重視(安さ重視)の商品が多くなっています。

何か別の用事があって買い物に来た方が「最近暑いし汗かくから制汗剤買っとこ」とか「そういえば最近よく汗かくから買っておこ」といった感じの買い方ですね。

逆にネット通販のみで販売される制汗剤は汗の悩みなどを解決すべく制汗剤を探しているお客さんに向けてピンポイントで販売しているため、悩みを解決できるような品質重視(効果重視)の商品が多くなっています。

悩みの軽い人はそもそも検索してまで探していないこともあり、近くの薬局やドラッグストア、またはコンビニで手軽に購入できる制汗剤を選ぶことも多いです。

つまり価格としては大衆向け、または悩みの軽い人向けに販売されている市販の制汗剤が安く、悩みの深い人や汗の出る部位事に対応している通販の制汗剤は高い傾向にあります。

品質の違い

すでに価格の違いにてお伝えしていますが、市販の制汗剤は大衆向けに作られた商品であり、どちらかと言えば気になった時に簡易的に汗を止めるもので中には単純に冷却効果を目的としたスプレータイプの制汗剤とも言えない制汗剤が多いです。

逆に通販の制汗剤は制汗作用の高い成分を多く配合していたり、それだけでなく殺菌・消臭効果をプラスしたもの、また、悩みの深い人などが長期的に使用することを目的に肌に優しいものや美肌・美白効果の期待できる成分など「制汗作用+αの付加価値」の付いたものが多くなっています。

価格は高くなりますが、悩みの深い人ほど満足できる可能性は高くなるものです。そのため、市販のものが効果がないとは言えませんが、悩みの深い人が長期的に使うことを考えれば品質的には「通販 > 市販」となるのが一般的です。

これが市販の制汗剤が安い理由であり、通販の制汗剤が高い理由でもあります。

制汗剤は価格で選ぶべきではない

正直なところ制汗剤に関しては価格で効果の良し悪しが左右されるものではありません。

制汗剤であれば制汗作用のある成分が配合されているか、消臭作用も欲しいなら消臭・殺菌作用のある成分が配合されているかが重要です。

基本的に汗を止める成分(制汗作用のある成分)は決まっているので、同様の成分が配合されていれば制汗作用を得ることはできます。となれば効果が変わらないなら安い制汗剤を選べばいいと思われると思いますが決してそうではありません。

当然通販などで販売されている高い制汗剤には高いなりのメリットがあるからです。

そのメリットは美容成分の配合などにあります。

市販の制汗剤は成分・効果が不透明

例えば安い制汗剤「Ag DEO 24」。成分表記にはみょうばん・IPMP(イソプロピルメチルフェノール)など詳細に記載されています。特記する点としてはヒアルロン酸などの保湿成分が含まれていることでしょうか。

ここまではどの制汗剤や化粧品などにも見られるものですが、どの成分がどんな働きをするのか、その効果についての記載はほとんどなく、単純に「汗を抑える」「ニオイ菌を断つ」と言った見出しだけが踊っています。

何となく汗は止められるんだなと思うかと思いますが、配合された成分がどんな役割を果たしているのか、効果はどれくらい期待できるのかなど他の情報についてわかりにくいのがデメリットです。

通販の制汗剤はスキンケア効果・長期使用に強い

では通販の専門メーカーの制汗剤はどうでしょうか。

こちらはパッケージや販売サイト上でもどんな美容成分が入っているのかをわかりやすく記載されており、肌にもたらす美容効果などもわかりやすく紹介されています。

例えば、「クリアネオ」で言えば保湿効果としてはヒアルロン酸・コラーゲン・プラセンタなど10種類近くの植物性保湿成分が配合されています。その他ビタミンCなど美肌効果を期待できる成分も配合されています。つまり、スキンケア効果がとても高いことを示しています。


このように通販のみで販売されている高い制汗剤は「長期での使用」も考え、肌のことまで考慮して作られているものが多いです。安くて効果が高くても肌が荒れてしまっては継続的な使用は難しくなってしまいますよね。

汗の悩みの深い人に向けて継続的な使用も考えて作られていたり、制汗作用だけでなく、使い続けることで美肌をサポートしてくれる目的も兼ねていたりするものです。高いものには高いなりの理由があるものです。

市販の制汗剤と通販の制汗剤のメリット・デメリット

市販の通販の制汗剤のメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

メリット デメリット
市販 安い
手に入れやすい
品質・効果が不透明
常用に不向き
通販 品質・効果が明確
美容に良いものが多い
常用向き
高い
入手方法が通販のみ

市販の制汗剤のメリット

市販の制汗剤は何と言っても低価格、そして欲しい時にすぐに買えるのが大きなメリットです。

スプレータイプ、ロールオンタイプ、ジェルタイプなど種類も比較的豊富にあるので汗の気になる部位ごとに使いやすいものを選んだり、軽い汗かき程度の方であれば試す分には良いと思います。

通販と違い、コンビニやドラッグストアでは実績のない企業の商品が販売されることは少ないため、大手企業や実績のある制汗剤が販売されているのは最低限の品質が保証されていると考えても良いでしょう。

市販の制汗剤のデメリット

メリットにて品質について解説しましたが、安全性における品質は保証されていますが、必ずしも大手メーカーの制汗剤が効果が高いとは言えません。価格が安い分、成分量を削減したり、添加物などにより水増しされていることもあります。

また、低価格ですぐに欲しいときに買える一方ですべての薬局やドラッグストアに同じ制汗剤が置いてあるとは限りません。手に入りやすい一方で手に入りにくいものはとことん手に入りにくいのはある意味で市販のデメリットとも言えます。ただし、薬局やドラッグストアに置いてある制汗剤はamazon楽天など大手ネット通販サイトで手軽に購入できる場合が多いです。

通販の制汗剤のメリット

通販の制汗剤は全身に使える物から部位別(例えば、顔専用や脇専用、手足専用など)汗の気になる部位別に作られているのが特徴です。汗が出ると言っても顔の汗と手足の汗では皮膚の厚さも違います。単純に強力な制汗剤を使用すればいいわけではありません。特に女性は化粧をしたり、制汗剤による肌荒れなんかも心配ですよね。

そんなとき汗の気になる部位に特化して作られた専用の制汗剤は安心ができます。また、汗の悩みが深い人は日常的に制汗剤は使用する場面が多くなると思います。そんなときに美容成分が入っていたり、美肌効果があるものは嬉しいところです。

通販の制汗剤は汗の悩みの深い人に向けて作られていることもあり、たまにの使用ではなく日常的に使用するケースを想定して肌・美容のことも考えられて作られているものが多く、スキンケア効果が高い面も大きなメリットと言えるでしょう。

通販の制汗剤のデメリット

通販の制汗剤は成分や品質にこだわっていることが多い分、価格が高くなる傾向があります。もちろんコスト削減などの工夫を行い、市販の制汗剤にも負けないコスパの高い制汗剤を販売している会社もあります。

中には価格が高いだけで成分や効果が伴わない制汗剤もあるので気を付けてください。

おすすめはどっち?

価格が安く、効果も高い、もちろんそれがベストではありますが、市販の制汗剤と通販の制汗剤にはこれまでにお伝えしてきたような違いがあります。

なのでどちらが良いのかは人それぞれになりますが、汗の悩みが軽い人、普段そんなに汗に悩むことも少ないけどとりあえず携帯しておきたいというような方はまずは市販のものから試してみてもよいかもしれません。

逆に汗の悩みが深い人や多汗症の方、季節関係なく普段から汗の量に悩んでいるような方は常用にも向いた通販の品質のしっかりとした制汗剤を選ぶのが良いかもしれません。

市販の制汗剤は安くて試しに使う程度には良いかもしれませんが、汗の量に悩む方や日々確実に汗を抑えたいと思っている方にとっては物足りないかもしれません。

なのでまずは試したいなら市販の制汗剤、しっかりと継続的に汗ケアをしたい方は通販の制汗剤をおすすめします。

また当サイトは汗に悩む方向けに情報を発信しているサイトですが、こういったサイトに訪れた方、また、ネットで汗対策を調べている時点で一般の方よりも汗に対する悩みは深い場合がほとんどです。そう考えると一度本格的な制汗剤を体験してみるのはいいと思います。

このページの先頭へ