制汗剤とデオドラントの効果の違いは?

制汗剤とデオドラント。この2つを同じものと捉えている方も多いですが、制汗剤とデオドラントは別物でそれぞれ違う目的の元作られています。

当然得られる効果にも違いがあります。

制汗剤とデオドラントの違いを明確にし、あなたが求めているのはどちらなのかをハッキリさせておくと制汗剤を選んだのに効果がない、デオドラントを選んだのに効果がない。なんてことを防げ、効果的な物を選べるようになります。

それではそれぞれについて理解し、違いをハッキリさせていきましょう!

制汗剤とデオドラントについて

制汗剤とは?

制汗剤は読んで字の如く「汗を抑制する薬(塗り薬)」です。
英語では「Antiperspirant(アンチパースピラント)」といいデオドラントとは別物です。

主な成分には汗を吸収する「吸収剤」と汗を抑える「収斂剤(しゅうれんざい)」が配合されています。

薬剤を肌(皮膚)に直接塗布することで、毛細血管を収縮させ、汗腺を閉じることで発汗を抑える働きがあります。また、薬剤が汗に含まれるタンパク質と結びつき汗腺の出口を閉塞(へいそく)することでも汗を抑える効果があります。簡単に言えば、毛穴を閉じて汗が溢れるのを防ぐ効果があるということですね。

臭いは抑えられないのか?

細菌は高温多湿の環境を好むため、汗が媒体となり増殖します。つまり、汗を抑えることができれば細菌の増殖を防ぐこともできるため細菌の活動を抑え込むことに繋がります。

デオドラントと違い、臭いを抑える直接的な効果はありませんが、発汗を抑制することができ、細菌の繁殖する環境を作らないようにできるため、間接的に臭いを抑える効果も期待できます。

デオドラントとは?

デオドラント(deodorant)は日本語訳すると「消臭剤」になります。つまり、「臭いを消す(抑える)働きのある薬(塗り薬)」です。

汗の臭いやワキガ臭は臭いの素となる成分が皮膚の常在菌に分解されることで発生します。デオドラントには細菌を殺菌する作用のある成分が含まれており、悪臭の元を絶ち、脇や足の臭いなどを消す消臭効果が期待できます。

つまり、皮膚の表面で増殖する細菌を殺すことで臭いの原因を消しているということです。時間が経過すると新たな細菌が活動を再開したり、空気中に漂っている細菌が付着し臭いを発生させることもあります。

汗によって高温多湿となれば細菌にとって有利な環境が作られてしまうため、汗を抑制することも消臭には大切になります。

汗は抑えられないのか?

デオドラントでも、患部に塗布することで発汗を抑える効果が得られるものがありますが、正確には制汗作用ではなく、薬剤が毛穴に付着し、たまたま汗が出にくくなっているだけです。そのため、制汗効果のないものを使ってもしっかりとした効果は得られません。汗を止めたいのであれば制汗作用の強い制汗剤を使用するようにしましょう。

つまり制汗剤とデオドラントの違いは?

つまり、制汗剤とデオドラントの違いは、
制汗剤 ⇒ 汗を止める効果
デオドラント ⇒ 臭いを止める効果
ということです。

汗に悩み、汗が止めたいと思っている人がデオドラント剤を使っても期待する効果は得られませんし、臭いを抑えたい方が制汗剤を使っても期待する効果は得られません。

制汗剤とデオドラントの効果をくれぐれも間違えないように選ぶようにしてください。

また、最近の制汗剤やデオドラントには制汗剤とデオドラントの2つの効果を合わせ持つタイプが多く販売されています。

制汗剤デオドラントとでも呼ぶのでしょうか(そのまま合わせただけですが)、汗に悩む人はワキガではなかったとしても、汗の臭いも気になると思いますので制汗剤とデオドラントの両効果が得られるタイプのものを選ぶのも良いと思います。

このページの先頭へ